コミュニティに大事な3つの要素

こんばんは、ドラゴンです。

ちょっと時事的な話から。

おそらく近々、
このメルマガは廃刊にすると思います。

というのも、メインの配信をLINEに変更します。

そこでは主に記事の更新通知やメイン企画の案内に使います。

ただ、配信コストが高くなるので、
軽い通知とメインの企画の案内だけになると思います。

メインの企画ってのは、
散々言っているノウハウコンテンツ配信サービスです。

それ以外の企画に関しても、
そのサービス内でしか案内しないので、
そのサービスがベースになります。

ちょっとマーケティング的な話をすると、
LINEでリスト化のハードルを下げて、ステップでサービスを案内し、
サービスを受け取っている人だけが他企画に参加できます。

それが一番コミュニティ化を図れると思ったからで、
適切な人に適切に価値を届けるためにベストだと思いました。

なので、僕のメディアの違いを話すと、

僕が自分らしい人生を生きた上での考察がブログ、
LINEでステップ配信をし、サービス案内をする、
僕の日常が映像で見れるのがYouTubeのVlog、
ビジネスノウハウの全てはメインの配信サービス、
その他の企画に関しては配信サービス内での案内、

ということになります。

配信サービス内で軽いコラムというか、
今僕がこのメルマガでやっているアウトプットをやります。

アウトプットすることは変わりませんが、
そちらの媒体で配信するということになります。

そレラのコラムは表でのアーカイブとしては載せず、
メインサービス内に残すつもりです。

そんな感じになりますので、よろしくお願いします。

さて、今日は、
「コミュニティの本質」を話します。

コミュニティに大事な3つの要素です。

僕が昨日に、
資本主義的に生きた話と社会主義的に生きた話をしましたが、
それぞれの中で足りなかった要素を話したと思います。

資本主義的に生きた時には、
主に金銭的なメリットだけで繋がっていて、

社会主義的に生きた時は理念はあるけど、
ガソリンとして役割のお金を稼がなかったこと。

だからこれらをミックスさせる必要があると。

そうすることでコミュニティリーダーは、
お金を使って、他コミュニティに冒険することができるので、
新たな知見や情報や経験を得ることができるわけです。

それをコミュニティ内で還元させると、
コミュニティメンバーは力が付き、進むことが出来ます。

どこに進むのかというと、
もちろん、コミュニティが掲げる理想の世界です。

僕で言えば、
「自分らしい人生を生きる」
ということです。

僕の役割は僕が自分らしい人生を生きることを体現し、
多くの人を魅了し、コミュニティを活性化させること。

お金などのリソースを使って新しい世界に冒険し、
情報や知識や経験を増やし、環境を整備すること。

そういった知的リソースは、
コミュニティメンバーにとって力となるからです。

他にもハード面での環境も用意したりとか。

例えば、僕が海外に家を借りて、
そこに超低コストで住めるようにしたりとか。

そうすれば自分らしい人生を生きやすくなります。

こういった環境面を整備し、力を与え、
コミュニティ全体で進むわけです。

コミュニティ全体で進めるようになると、
推進力が生まれるので、多馬力で進めるようになります。

これがいわゆる「シナジー」ってやつです。

わかりやすく言えば、頑張っている人がいれば頑張れるんですよね。

日本人が中々成長しないのは、
世のお父さんが頑張っていないから。

お父さんがゴリゴリ頑張っていると、
自ずと家庭内で推進力が生まれますから。

こういった本来の家庭環境としての機能が役割を果たしていないので、
より社会的にもコミュニティが求められているわけです。

個人それぞれの周りに、
こういった要素を満たすコミュニティがないのです。

家庭内で考えればわかりやすいですが、
家族それぞれが過ごしやすいようにそれぞれができることをする。

そして、それぞれのメンバーが外に冒険をし、
あらゆるものを家庭内に持ち帰ってくる。

そうすればもっと家庭内は活性化する。

もちろん、それぞれは外でも活動しているので、
家庭内に集まったリソースを各個人の外の活動に活用する。

これが僕が同時多発的かつ相乗的に、
価値が回転されるという状況です。

では、その上で一番大事な要素は何なのか?

それが「安心感」です。

僕がかつて言っていた言葉で言えば、
同一の精神性や愛とかってことです。

どういう精神性で繋がっているのか?
どういうスタンスでその人たちと接しているのか?

それらを共有することで、
そのコミュニティ内では安心感が生まれます。

これをコミュニティ観点で言えば、
安心感を与えるための環境を作るということです。

例えば、安心感を与えるためには、
「何をやってもいい」という状況を作る必要があります。

そうすることで、
「何でもやっていいんだ!」
という感覚を得られるのです。

そうしないと、顔色を伺い、
何をやるにしても許可を得るような人になります。

もちろん、自分に対しても、
許可を与えらない自分になるのです。

これがメンタルブロックに繋がります。

こうした愛の上に成り立つのが理念です。

どこを目指すのか?です。

そのさらに、メリットが付与されます。

この3つの要素を満たすことで、
繋がることでメリットがあるのとそれが武器となり、シナジーも生み、
そして何でもできる安心感という土台が出来上がります。

もちろん、僕のメインのサービスで、
そういった3つの要素を与えるつもりです。

もっと言語化すれば、
「新時代を淘汰されずに生き残る全て」
を提供するということです。

僕が生きている限りは、
「どんな時代になっても生き残れる」
という感覚を与えたいわけです。

親鳥が雛鳥に餌をやるようなイメージではないですが、
僕が発信する知的リソースを紐解いてさえいれば、
安心して思う存分自分らしい人生を生きることができる。

そんな状態にしたいのです。

それは僕にしか出来ないと思っているし、
だからこそ僕はやろうと思ったわけです。

知的リソースを紐解く必要がある理由は、
それが本質である以上、自分用に解凍する必要があります。

自分の事例はケースバイケースで様々なので。

そして、ほとんどの人が不安なのは、
そういった人と繋がってないからです。

これが一人いるだけで全然違うわけです。

本来はさっきも言ったように、
父親がその役割を果たすんですが、
ご覧の通り機能していません。

そして、許容してくれる母親もいない。

それが世界的に起こっているわけです。

だから誰も挑戦できないという状況が生まれています。

これからの新時代を生き抜く不安の人は下記から参加してください。

別に参加したからと言って、
サービスに参加する必要はありませんが、
下記のフォーム参加者限定の案内となります。

ま、ご自由に。
https://dragon001.jp/p/r/SnkhS97

前話した音声はこれ。
https://dragon001.com/shinkaandtouta.m4a


初めまして、ドラゴンです。

このブログでは、

19歳でネット起業し、5000万円を稼いだけど、
お金を追い求めていたことに気付き、

今は勉強した語学や筋トレでビジネスしたり、
海外美女をナンパしたり、世界を旅したり、ビデオクリエイターをやったり、
様々な業界をコンサルしている起業家が

「自分らしい人生を生きる」

を理念として掲げながら、それを体現している様子を綴っています。

自分らしい人生を生きるには、
ネットビジネスが最適であり、それを僕が証明しています。

詳しい経歴やもっと理念を知りたい方はこちらへ。
ドラゴンの起業物語

また、最近は、
「巨大な海外メディア」を作るべく、
その仲間を募集しています。

その企画では無料で海外に滞在してもらい、
それぞれに好きなことをやってもらいます。

ただ誰でもかんでもというわけではないので、
まずは、個人で稼げるようになってもらいます。

詳細を知りたい人は下記のLINE@を追加してください。


画像をクリックすると詳細ページに飛びます。