自分だけのフラワーガーデンを作り上げよう

こんにちは、ドラゴンです。

久しぶりにメルマガを送るので、
迷惑メールフォルダに入らずに届いてますかね?

ご存知の方はいると思いますが、
フィリピンから帰ってきて時間があるので、
しばらく毎日メルマガを書こうと思います。

昔は、毎日メインメルマガを書いていた時期があったんですが、
ここ最近は表ではそんなことをしていなかったので初心に戻るつもりで書きます。

ブログを毎日更新したり、
メルマガを毎日書くことに否定的な人もいますが、
僕は割とそれに関しては肯定的です。

ビジネス的にも毎日書けばコンテンツになりますし、
そうこうして1年経てば、300以上のコンテンツ量になります。

今活躍しているYouTuberや情報発信者などには、
必ずと言っていいほど、豊富なコンテンツがあります。

もちろん、YouTubeやメルマガ、ブログなど、
メディアによってコンテンツの伸び方は違いますが、
総じて、コンテンツ量があると言っていいかなと。

確かに蓋を開けた時に伸びていないかもしれませんが、
コンテンツ量がなければ、伸び様すらもありません。

それにメディアが急激に成長を遂げることはほぼありません。

例えば、1年かけて1日1記事書くのと1ヶ月かけて1日10記事書くのとでは、
結果的なコンテンツ量に差はありませんが、1日10記事書いてもそんなに意味はないのです。

トレンドブログなら何記事かがヒットして、
短期間で成長していく可能性は普通にありますが、
自分の成長を前提とした情報発信をするなら、
1日10記事書いたところで成長しないんですね。

それこそ、1日10記事とか書いていたら、
自分の成長する時間が無くなってしまい、
自分の成長をないがしろにしてしまいます。

自分が成長しないのであれば、
メディアが成長することもあり得ません。

自分もメディアもいつまで経っても、
同じステージで徘徊していることになるはずです。

特に何かを始めようと思い立った時は、
アート9割、サイエンス1割でいいくらいです。

ほぼ自分の成長を考えて行動し、
徐々にブログを作ったり、育てるくらいでいいです。

長期的に成長しよう、
長期的に稼いでいこうというマインドでOKです。

それに僕がそうしようと思った理由は、
「脳が腐っていく感覚があるから」です。

なんか、惰性で生きている気がするし、
成長していないような気がするんですね。

毎日書いていた時期と書いていない時期の両方を経験しているからわかりますが、
毎日書いている時ってネタを探しているので、なんかいい感じに疲れるんです。

脳が成長痛を感じているような日々です。

でも、アウトプットモードで生きていないと、
1年前と言ってること全然変わってないやん!とか、
成長してないと感じることが往々にしてあります。

そうやっていつか人生が終わるんだなーと思うと恐怖でしかなくて。

僕は仕事柄もそうですし、
プライベートでも恋愛でもそうなんですが、
日々会うごとに成長したいんですね。

同じことを繰り返し、話したくないと思うわけです。

おっさんの話がツマラナイのは、
過去の同じ話を何回もするからです。

会う度に新しいことを伝えたいし、
結局そういう人がビジネスでも成功するし、
恋愛でもモテるんだよな〜と思うのです。

要は、冒険ですよ。

僕が海外生活を送っている理由もここにあって、
物理的に新しい世界が飛び込んでくるからです。

自分の視点的にも刺激になるし、
誰かに伝えるためにも冒険は必要な要素です。

とは言ってもですよ、
人は気が付けば、すぐに冒険をしなくなるんです。

僕も同じ都市に何回も行ったりしました。

それは、知っているから楽なんです。

別に同じ都市に行くことは悪くないですが、
それなら今までにしていなかった経験をしないとなって。

違うホテルに泊まるとか、違う人に会うとか。

そんな感じで人生の8割は冒険しないといけないと思います。

2割のリソースで人生に必要なリソースのうちの8割を生み出し、
8割のリソースでガンガンとアドベンチャーをするわけです。

「8割も使って冒険するのに、2割しか得られへんの?」
って思うかもですが、ここがミソなんですね。

確かに冒険なので宝を見つける場合もあれば、
敵に遭遇して、ボロ負けすることだったあります。

ですが、そこで見つけた2割の宝が、
これからの人生に必要なリソースの8割を生み出してくれるのです。

そうやって入れ替えていかないといけないんですね。

同じことをやっていくにしても、
中身は絶えずして、変化していかないといけないわけです。

この話は人生的に言っていますが、
ビジネスのメタファーでもあります。

次々とやったことない施策を試していく必要があります。

そうなった時に、
やっぱり一番必要なリソースは「時間」だなと思います。

メディアを育てようとし過ぎると、
一番大事な時間を失ってしまう可能性があるので、
これも地道に積み上げる理由の1つです。

どうやったら伸びるかな?とか、
どうやったら成約が上がるかな?とかを考えることも大事ですが、
これだけをやっていると先ほども言ったように成長しないんです。

もうすでに2割のリソースで、
8割の成果を生むかつ成長ができている習慣があるなら、
果敢に挑戦していいですが、もうここはバランスです。

人生を成功させるセンスの1つとして、
「バランス感覚」を磨いていく必要があります。

どこにリソースを傾けるべきか?など、
自分を客観的に見て投資していかないといけません。

人類は、皆投資家なのです。

投資とは、当たり前ですが、
種を蒔いた後に花を咲かすものです。

もちろん、種によって花を咲かすまでの期間はバラバラです。

これもバランス感覚を養っているかどうかで、
永続的に花を咲かせ続けることができるかが変わってきます。

日常生活で段取りが良い人は、
現時点でバランス感覚が優れていると言っていいと思います。

そう考えると、投資をし始めた時は、
花を咲かす種を今までに蒔いてきていないので、
すぐに成果が出るはずがありません。

それに投資を始めたからと言って、
最初のウチは、最初に蒔いた種が花を咲かすまでに、
二度目の種を蒔く人は少ないでしょう。

最初に蒔いた種が花を咲かすまで待っているはずです。

でも、花が咲いたと思えば、
今まで見たことがないその花に見とれて、
種を蒔くことを忘れてしまいます。

その花が枯れた時に気づくわけです。

「あ、種を蒔き忘れてた。」って。

もしかしたら、花が枯れる様の哀愁で、
種を蒔くことすら忘れてしまいっているとかもあります。

これだと最初に元どおりですよね。

僕がビジネスで頭打ちになったのはこれが原因だと思っています。

本来なら一度目の花が咲く前に二度目の種を蒔かないといけないし、
一度目の種が花を咲かしたからと言って、見とれていてはダメなんです。

ましてや、一回だけ種を蒔いて咲くかどうかを待ち、
その種が花を咲かせなかったらまた一回だけ種を蒔いて花が咲くのを待ち、
花が咲いたと思えば見とれるだけなんてのは勿体無いんです。

というか、それだと単利なんですね。

これに気付くのに何年も掛かりました。

でも、一喜一憂せず、
種を蒔き続け、時に咲いた花を眺めるだけで、
自分だけのフラワーガーデンが完成します。

やっていることは種を1つずつ蒔くだけで、
違うのは、単に蒔いている間隔のみです。

これだけで成果に雲泥の差を生むわけで、
通りでアインシュタインが「複利」の凄さを物語ったわけです。

やっぱり複利しかないですね。

まぁ、そんなこんなで、
自分の成長もメディアの規模も複利でデカくしていきましょう。

これから僕のメルマガの返信に、
「今日はこんなことをしました!」
とかを送ってくれるのもアリです。

なんか小説家みたいなメルマガになりましたが、
久しぶりにアウトプット習慣を取り戻したいと思います。

ではでは。

今日はそんな感じで。


初めまして、ドラゴンです。

このブログでは、

19歳でネット起業し、5000万円を稼いだけど、
お金を追い求めていたことに気付き、

今は勉強した語学や筋トレでビジネスしたり、
海外美女をナンパしたり、世界を旅したり、ビデオクリエイターをやったり、
様々な業界をコンサルしている起業家が

「自分らしい人生を生きる」

を理念として掲げながら、それを体現している様子を綴っています。

自分らしい人生を生きるには、
ネットビジネスが最適であり、それを僕が証明しています。

詳しい経歴やもっと理念を知りたい方はこちらへ。
ドラゴンの起業物語

また、最近は、
「巨大な海外メディア」を作るべく、
その仲間を募集しています。

その企画では無料で海外に滞在してもらい、
それぞれに好きなことをやってもらいます。

ただ誰でもかんでもというわけではないので、
まずは、個人で稼げるようになってもらいます。

詳細を知りたい人は下記のLINE@を追加してください。


画像をクリックすると詳細ページに飛びます。