GACKT流の「カネの稼ぎ方」

こんばんは、ドラゴンです。

ちょっとこれ見てほしいです。
音楽だけならとっくに死んでいる。ボクが“GACKT”であるために考え抜いた「カネの稼ぎ方」

GACKT流の「カネの稼ぎ方」です。

現在のGACKTと言えば、
ミュージシャンとしても活動しながら、
実業家としても活動しています。

因みに、マレーシアのKL在住です。

その記事からも分かる通り、
ミュージシャンとしてのビジネスは、
全部、高価格帯での活動です。

ライブは一番安い席で3万円、
VIP席は300万円するとのことで、
しかも、一瞬で完売するらしく、

グッズなども市場より高く、
映像ブログも都度500円の課金が必要らしいです。

その記事はそれに至るまでの話で、
なぜ、今そういった高価格でビジネスの話ができるのかが書かれています。

まぁ、記事を読むのがめんどくさい人向けに、
僕のこのメルマガでも掻い摘んで話していきます。

では、なぜGACKTがそういったビジネスが出来るかというと、
それは、「コアなファンがいるから」です。

コアなファンを作るきっかけは、
GACKTが上京した時にまで遡ります。

彼のコアのファンは、
若い時にナンパした女性たちがほとんどであり、
その彼女らが現在までのファンであるわけです。

しかも、狙っていた女性のターゲッティングが凄い。

3ヶ月くらいで2000人くらいにナンパして、
結果的に50人ほどがパトロンになってくれたとのこと。

月3万円くれるなら、
毎月150万円の活動資金が出来ますからね。

で、ナンパすることになった理由は、
水商売をやりながら、ミュージシャンとして活動していた時に、
ふと気付けばお金がなくなっていたらしいんですね。

誰かに取られたとかじゃなくて、
シンプルに金遣いが荒かったから。

その時にまず考えた選択肢が、

・音楽をやりながら水商売で稼ぐ
・会社に就職して働く

の2つなんですが、
音楽をやるために上京してきたので、
後者の選択肢は即削除で、

前者に関しては、
彼の周りの人たちがそうやっていたらしいんですが、
どうも上手くいっているように見えなかったようで、

彼らは気付けばお金も稼げるので水商売が主体になり、
みんな音楽から遠ざかって行ってしまったらしいんです。

そうやって次の選択肢として考えたのが、

「サポーター(パトロン的な女性)をつくろう」

ということだったのです。

そこからナンパをし始めたと。

まず僕が大事だなと思ったのが、
「どんな単位でも自分のコアを関係すること」
をやりながら、裾野を広げるということです。

彼も彼の周りの人も、
水商売をやりながらでは音楽を成功させることができなかったわけです。

なぜなら、リソースが分割されるからです。

どうしても100%注力できないんですね。

だからこそ、
彼はお金がなくなりお金を稼ごうと思った時も、
「水商売をしながら音楽をやる」
という選択肢を選ばなかったわけです。

こういう観点は僕も同じで、
働いている会社がやりたいことでなければ、
即刻辞めた方がいいと思う派です。

その分野で独立するか、
その分野が学びたいかのどちらかの場合は、
時間給で働いても活かせるからです。

100歩譲っても最低限の労働にすべきで、
そのために生活コストを落とす必要があります。

これが必要な成功法則の環境作りかなと思っています。

これをしない限り、
ハードモードで成功しようとしているようなものです。

無駄なところでドMを発揮しても意味がありません。

そして、一番大事なと思ったのが、
「人生をマネタイズする」
と彼が表現していることです。

僕も全く同意なので
これを僕なりに解説すると、

「全てを自分の血肉にする」
(一石で出来るだけ鳥を落とす)

ということです。

僕らが何かをしようと思えば、
絶対にリソースを割くことになります。

お金、労力、時間が主なリソースですね。

お金が掛らなくとも、
他のリソースは絶対に割かなければなりません。

そうなった時に、
お金だけを稼ぐ行為に走れば、
お金だけしか得られません。

でも、自分の人生を前提にしていれば、
やっていることが全部血肉になりつつも、
それでいてお金が稼げてしまうのです。

しかも、やっていることは自分がやりたいことなので、
いくらでもコストを掛けれるし、やはりお金を掛ける分独自性が増します。

僕からすれば、
「お金を稼いだ経験だけ」が残ることは、
とても勿体無いことなんです。

なぜなら、シナジーが生まれないからで、
シナジーを生まない以上、唯一無二になりづらいです。

それだと、やりたいことも拡大させにくいわけです。

結果的にお金もそんな稼げず、
やりたいこともそんなに出来ていない状態になるのです。

それに、やりたいことで稼がないと、
「二重に手数料」が発生してしまいます。

これはどういうことかというと、
ほとんどの人は、普通に働いていますよね。

僕らが働いてお金が貰えるのは、
それ以上に、会社が儲かっているからです。

それをピンハネされて、
そこから自分に支給されます。

その支給されたお金で、
ほとんどの人はやりたいことをやるわけですが、

やりたいこともビジネスの形式を取っているはずなので、
そこで使うお金も当然利益を乗せて払っています。

これがやりたいことでマネタイズしてたらどうなのか?

やりたいことをやる
  ↓
経験、情報、知識を得ながらお金を稼ぐ
  ↓
稼いだお金は再度全部やりたいことに使う

という無限ループなので、
金銭的な損を手数料で被ってないのです。

ピンハネをされることもなければ、
所得税を一旦、払う必要もありません。

もちろん、全部経費精算できます。

税務上、経費(コスト)なだけで、
お金を使うことはそれはそれで本望ですよね。

お金を使えば使うほど、税金の割合も同時に減っていきますし、
それはその分やりたいことが拡大しているという意味でもあります。

他にやりたいことがあるなら、
そこから余った利益でやりたいことを増やし、
またそれもマネタイズするという感じです。
(それもまた経費になる。)

このやりたいことを増やすのは、
自分のコアがないと難しいわけです。

どうしても線引きが難しいんですね。

GACKTも色々なことをやってると言っていますが、
これも全部自分のコアで線引きしてると思います。

ここを勘違いしてしまうと、
「種銭を作るためになら何でもしていい」
と思ってしまいますが、そうじゃないです。

コアがあるから線引きできるのです。

先に繋がることをしないと。

僕も今あるコンテンツの英語翻訳をしていて、
それを実際に集客のコンテンツとして稼働させようとしてます。

一応資産性もあります。

大前提、英語の勉強になりますし、
それが自分の人生に繋がっていきます。

でも、資産性や拡散性があるからと言って、
俗物的なコンテンツのYoutuberにはなろうとは思いません。

アイデアもあるし、実行もできますが、
それで集客しても自分のポリシーに反しますし、
それが何になるのか?と思ってしまいます。

ビジネス的や金銭的にそれで上手く言っても、
それはビジネス的な産物しか残しません。

よくビジネスはニーズや時代と言いますが、
なんでもかんでもやっていいわけじゃありませんし、
そういうポジショントークをしている人たちも、
自分の中で、コアと照らし合わせているはずです。

自分のコアとビジネスを照らし合わせ、
それが自分にとって可能な範囲まで裾野を広げるわけです。

ビジネスを教えている人で、
「まずは稼げるようなってから好きなことをやろう!」
と言っている人が多いですが、

これは「教えやすいから」です。

もちろん、成果も早く出やすいからでもあります。

でもなんだかんだ成功してる人って、
コアを軸にして、可能な範囲まで裾野を広げながら、
自分のコアを拡大してる人だなって思います。

芸人然り、アーティスト然り、起業家然り。

突き抜けてる人は、そうだと僕は思います。

まぁ、その記事を読んで僕はそんなことを思いました。

追伸:

ちなみにGacktが女性をパトロンにするのは、
エネルギー的に見ても、大正解なんですね。

男が成功するのは、女性で決まると言っていいです。

いかにアゲマンに支えてもらえるかで決まります。

僕は実体験でもそうですし、
色々な人を見ても、女性で決まるなと思います。

これは付き合っているとかには限りません。

いかにアゲマンの女性に応援されるか?が大事です。

もちろん、
アゲマンの女性は男のポテンシャルを見るので、
ポテンシャルを秘めてないといけないですが。

なので今自分が成功してるとかは関係ないです。

あくまで、将来成功するかどうかの潜在的要素を秘めているかどうかです。

追伸:

実は、そんなGACKTにも裏話があって、
僕の父が祇園に飲みに行っていた店に
若きGAKCTが働いていたらしいんですね。

これは上京する前の話で、
最近とかもある会合でたまに見かけるらしいです。

本当にGAKCTがお金を持っている理由も、
僕は聞いたことがあるんですが、わかりやすく言えば投資です。
(友達にトレーダーがいたんです。)

これはGACKTが詐欺の被害に遭ったとかにも関連してきて、
あんまりメディアで話しちゃいけないと思うので控えますが、

僕が言いたいのは、
どうしようもないくらいお金が余っていたら、
トレードでお金を回せばいいということです。

まぁ、しかもそのお金を、
自分のやりたいことを実現しようとしてる起業家に投資することや、
自分が盛り上げたい業界に投資するならなおいいですよね。

それまでは「自分の人生に直接課金」でいいかなと。


初めまして、ドラゴンです。

このブログでは、

19歳でネット起業し、5000万円を稼いだけど、
お金を追い求めていたことに気付き、

今は勉強した語学や筋トレでビジネスしたり、
海外美女をナンパしたり、世界を旅したり、ビデオクリエイターをやったり、
様々な業界をコンサルしている起業家が

「自分らしい人生を生きる」

を理念として掲げながら、それを体現している様子を綴っています。

自分らしい人生を生きるには、
ネットビジネスが最適であり、それを僕が証明しています。

詳しい経歴やもっと理念を知りたい方はこちらへ。
ドラゴンの起業物語

また、最近は、
「巨大な海外メディア」を作るべく、
その仲間を募集しています。

その企画では無料で海外に滞在してもらい、
それぞれに好きなことをやってもらいます。

ただ誰でもかんでもというわけではないので、
まずは、個人で稼げるようになってもらいます。

詳細を知りたい人は下記のLINE@を追加してください。


画像をクリックすると詳細ページに飛びます。