集客でレバレッジをかけて一撃でアートになる

こんばんは、ドラゴンです。

今日も予定とは変わり、
集客全般に関するお話です。

ブロックチェーンの話は待ってね。

さてさて、集客の限定メルマガでは、
講座はやってないんですけど、

「ちょっとSkypeで話しまっせー」

って企画を開催することにしました。

参加された方の自己紹介を読んでいると、
面白くてですね、一人で笑いながら読んでいて、

「あれ、この価値に自分で気付いてないな~」

と思うこともあり、
やはり人に相談する価値とかは大いにあるなと。

それを機に気付けるわけですからね。

で、僕が今回集客についての話をしたかったのは、
本当に一番大事なんじゃないかと思ったからです。

特に、初心者。

僕はこれからYouTubeで、
本格的にVlogをやっていこうと思っていて、
これまでは適当にアップしていたんですけど、
自分の趣味程度で、本当に適当だったので、

ちゃんと編集もして、映像も学んで、
試験的に作ったチャンネル登録5000人のやつで
クリエイターっていう側面を磨こうかなと。

もう広告も貼れるしね。

このアカウントです、よろしくです。

 
 

このチャンネルがあるだけで、1回目の動画の再生回数も変わるし、
目に見えるエビデンスとしても印象が変わってきます。

もし、チャンネル登録が100人だったら、
「あれ、この人って面白くないのかな?」
ってどうしてもやはり思われてしまいます。

別にそれでもファンができるし、
それの延長線上でもやっていけるんですが、
やり方はこの限りではないんです。

僕みたいにビジネススキルを使って、
多少チートでスタートも切れるわけです。

だいたい旅系のVlogって視聴者層の年齢が高いので、
広告単価も高く、チャンネル登録1万人で月30万円はいくはずです。

そりゃチャンネル登録が0人からと、
5000人からとではスピードが違うでしょって。

それに、よくよく見渡してみると、
業界ではそういうチートを使っている人が多いです。

例えば、YouTuberだと、
ニコニコ出身の人、Vine出身の人が多くてですね、
その知名度で初めの壁を乗り越えています。

ネットビジネス界隈だと、
違うジャンルからのリストを流してたりします。

例えば、受験生のリストで自分を知ってもらい、
そこからビジネス系のリストに繋げてみたり、
読書系のリストからビジネス系に繋げてみたり。

後、知名度で最初のを乗り越えてるって意味ではないけど、
「投資の収入があったから、正しくビジネス系の情報発信が出来た」
みたいな人もいて、それを知らない人は多いわけです。

往往にして、そういうチートがあって、
その文脈で語られることは少ないんです。

だって、例えばですよ、
僕が今仮にそのVlog系のYouTubeだけで食っていこうとして、

僕が今話しているチート的な要素で同じように登録者数5000人にして、
そこから実際にVlogを始めるとしましょう。

会社を辞めて、これから専業でやろうとして、
会社員であれば、貯金がある人も多いと思うので、
最初の何回かの旅の資金は用意できるはずです。

おそらく、そのアカウントがあれば、
1回目の旅行だけですぐに月10万円は稼げるようになるはずです。

さらに2回目で、月30万円になってみたいになると思います。

じゃあ、それを見て
「へ~、この人の動画数は少ないけど、旅系って人気あるんやな~」
って思っても、真似したい人からすれば、
僕の実際の戦略が見えてないわけじゃないですか。

これがどこの業界でも往往にしてあります。

逆に言うと、
どんなジャンルであっても活躍している人は、
ほとんど真面目な人はいません。

何かしらの戦略があったはずです。

例えば、ヒカキンとかは、
最初、海外ユーザーが多かったりとかね。

真面目にやったとしてもいいんだけど、遅い。

だいたい、伸びるのに年単位は掛かります。

コンテンツが面白かったしても、
一定数の人に見られないと、伸びようがありませんから。

この閾値がどれくらいか正直分からないですが、必ずあります。

どこの数字まで達すれば、
自動的に評価の値にするのか的な数字です。

昔、僕がメルマガを書いていた時に、
父親に、

「何してんねん?」

って言われ、

「メルマガ書いてんねん。」

って言うと、

「それ何人読んでんねん?」

って聞かれたので、

僕が、

「47人」

って答えると、

「すくなッ!」

って言われたことがあります。

じゃあ、
これが1000人だったら多いと言ったのか?

ここの正確の答えは父に聞かないとわからないですが、
人の評価は、自然とそういう見方で決まっていることが多いです。

コンテンツ力で勝負もしないといけないんですが、
コンテンツを理解できる人間って実は限られてるんです。

だから「なんか面白い」ってだけの評価でも十分だし、
その面白さは別の要素で決まることのが方が多いわけです。

男のモテ方も容姿やステータスではなく、
その人が実際にモテているかどうかで決まります。

面白いことにモテるやつほどモテるんです。

男から見た女の市場は、1位が総取りって言いますからね。

じゃあ、モテるために何が大事かと言うと、
いかに早くモテるか?とかいかにモテるように見せるかなのです。

いかに早くモテ始めるかでもいいです。

徐々にモテ始めても、
理論上は、その領域に達するんだけど、
人によって評価が異なるわけです。

モテ度3をモテてると評価する女性もいれば、
全然モテてないって評価をする女性もいます。

でも、10段階中のモテ度が7になれば、
自分のことをモテてると認識する女性が多くなり、
必然とモテが維持できるようになります。

維持しやすくなると言った方がいいですかね。

僕はなんの話してるんですかね。笑

まぁ、いいや。

これは本当に集客も同じ。

逆に言うと、本当はすごいコンテンツを持っているんだけど、
多少のボリュームゾーンを最初に集められてないせいで、
全く人気がなく、コンテンツ力が低く見える人もいるわけです。

これを僕は、
集客にレバレッジをかけることだと思っていて、
本当はそんなにアートではないんだけど、

ごり押しで最初ボリュームゾーンを集めて、
マネタイズし、そのお金で帳尻を合わせる的な感じです。

例えば、腕相撲の勝ち方って、
腕力でも背筋力でもなんでもなくて、
最初の手首の向きで決まるんですね。

僕は腕相撲選手ではないので正確なことはわかりませんが、
間違っていたとしてもそういうことにしといて下さい。笑

いずれにしても勝ち方はあるはずです。

じゃあ、それを知っていたら、
ある程度まで勝つことができます。

それで大会に出たとして、素人の中だと勝ち上がることができて、
実際にプロと戦って、もっと高度な技術を吸収する的な。

なんかわかりにくいですね。笑

例えば、全く英語力がないとして、
その情報発信を始めるとします。

以前語ったように、
マネタイズできるかどうかは実力の部分であり、
もっと言えば、「視座」が関係してきます。

英語力がなかったとしても
僕がインスタでやっている英語のフレーズで言えば、
誰でもやろうと思えばできるわけですから、

そのSNSと僕が今まで話してきたテクニックで、
ある程度のフォロワーとリストを一気に初速で集めて、
それを自分の実力に錯覚資産として計上します。

それである程度マネタイズは出来るわけです。

それで例えば、ファーストキャッシュが60万円とします。

じゃあ、そこからセブ留学に行って、
60万円だと3ヶ月間くらいの留学が可能なので、
鬼のレベルアップをするみたいな感じです。

そして、レベルアップした暁には、
影響力と共に実力が比例しているようになります。

これが凡人の勝ち方かなと思います。

行列の集まるところに人は集まりますし、
サクラを用意するわけではないけれども、
まず、集まりやすい人をテクで集めると。

女子高生をタピオカで釣る的な。

女子高生がいっぱいいたら、
「あれ、あの店なんか人気なのかな?」
ってなるじゃないですか。

それです、それ。

もちろん集まった人を維持する仕組みだったり、
それこそコミュニティ化を図る必要はありますけどね。

で、ちょっと補足として、
これからファーストキャッシュを大きく上げづらくなってきます。

僕がこの前言ったように、
コミュニティってことを前提に考えると、

サロンや月額制などのビジネスモデルになるか、
もしくは、それに準ずるような感じなるからです。

月額5000円の仕組みだったら、
60万円稼ごうと思えば120人必要になります。

最初に120人はきついですよね。

じゃあ、どうするか?

僕が思うに、月額制やサロンのような特徴を持つコンテンツは、
それらに関する全体像や普遍的な内容か、
もしくは、アップデートの頻度が高いものが良いと思います。

例えば、僕が英語でやろうと思っているのは、
月額制だと毎日実践的な内容が届く講座です。

でも、教材タイプのものは、
発音だったり、多言語だったりを考えています。

ファーストキャッシュを上げるのは教材タイプなんだけど、
軌道に乗ってからは月額制の商品をフロントにするとか。

月額制と一括制を組み合わせるんです。

集客の話も商品構成の話も、
初心者と中級者の間には壁というか矛盾があると思っていて、
どこの業界でもそれは同じかなと思います。

良く守破離ってことも聞きますが、守破離って言っても、
真似する時期と、真似しちゃいけない時期があるわけです。

途中から逆のことをするので、
そういうやり方をしないといけないのです。

それをわかっていない人が多いなと思います。

まぁ、今日はそんな感じで。

商品構成の話はまた今度。


初めまして、ドラゴンです。

このブログでは、

19歳でネット起業し、5000万円を稼いだけど、
お金を追い求めていたことに気付き、

今は勉強した語学や筋トレでビジネスしたり、
海外美女をナンパしたり、世界を旅したり、ビデオクリエイターをやったり、
様々な業界をコンサルしている起業家が

「自分らしい人生を生きる」

を理念として掲げながら、それを体現している様子を綴っています。

自分らしい人生を生きるには、
ネットビジネスが最適であり、それを僕が証明しています。

詳しい経歴やもっと理念を知りたい方はこちらへ。
ドラゴンの起業物語

また、最近は、
「巨大な海外メディア」を作るべく、
その仲間を募集しています。

その企画では無料で海外に滞在してもらい、
それぞれに好きなことをやってもらいます。

ただ誰でもかんでもというわけではないので、
まずは、個人で稼げるようになってもらいます。

詳細を知りたい人は下記のLINE@を追加してください。


画像をクリックすると詳細ページに飛びます。