高野山で得た自分らしい人生を生きるためのコツ

こんばんは、ドラゴンです。

今、高野山に来ていて、
お寺の宿坊というところに泊まっています。

もともと、宿坊は修行僧が寝泊まりするためにあって、
現在は旅館業を兼ねているところも多いので、
一観光客でも精進料理を食べたり修行が出来たりします。

部屋は、6畳の和室で、
布団と軽い机があるだけです。

観光客も思ったよりも来ていて、
喋っているのを聞いているとフランス人が多いです。

なんでか知らないですけど。

そういった観光客の人は何をしているかというと、
精進料理を食べたり、勤行を体験してみたり、
後は金剛峯寺が管理しているお墓を散歩しています。

お墓を散歩して楽しいのか?って思うのですが、
なんか写真を撮ったり、風情を楽しんでるっぽいですね。

因みに、そのお墓は、奥之院と言って、
弘法大師(空海)が入定されている御廟がメインとしてあり、
その御廟までの道のりに墓石や碑や供養塔などがあります。

それも樹齢千年に及ぶ巨大な杉の木の中にです。

なので、普通に涼しいです。

有名な大名や戦国武将、過去に功績を残した人などの墓石も多くて、
なんて言ったって、そんな人のお墓ってめっちゃデカイんですね。

デカイと聞いて想像する大きさよりも、
それを余裕で越すようなデカさです。

これです、これ。

そのデカさを目の前にすると、
「この石って、どうやって運んだんだろう?」
って誰でも思うはずです。

現代の文明の利器を使ったとしても、
高層ビルを建設するようなクレーンが必要なレベルです。
(めちゃデカイ杉の木があるからです。)

それに、石同士は乗っけてるだけであり、
何かで接着してるとかでもありません。

建立している時に、
「まっすぐに乗せれてないよ!これ、もうちょっと右だよ!」
みたいに動かせるレベルではないのに、
綺麗に積み上げられているわけです。

これって、ビジネスや人生でも同じだなって思いました。

僕は、
「いかに最小単位で自分らしい人生を生き始められるかが大事」
とよく言っていますが、

このスタートさえ出来たら、
世間的な収入を超えるのは時間の問題ですし、
後は収入も人生も拡大していくだけです。

だから、ビジネスの方法論って二の次だよなって思います。

ほとんどの人が学ぶべきところはそこじゃありません。

そもそも、マネタイズする人生が無いと意味ないわけですから。

まぁ、マネタイズっていうのも、
実は価値さえ提供できれば、誰でもできるんです。

ある商品を見つけてきて、
売れる市場で仕入れ値より高く売るだけだからです。

例えば、ハイブランドの本場のパリで
ブランドを安くで買いまくって、バイマで売るとか。

特にエルメスのバーキンとかなら高く売れます。

しかも、パリだけでなく、
意外なある国だとハイブランドがめちゃ安く買えたりします。

そういうことを知っていたり、
ビジネスセンスを磨けば、マネタイズは容易になります。

容易になる理由は、再現性があるからです。

要は「知ってしまえばできること」なんですね。

ただ、それだけだといつまで経っても、
自分にしか出来ないビジネスをやることは出来ません。

そのためには、唯一無二の人生を歩まなといけないのです。

そして、僕が今回言いたいことは、
自分らしい人生を生きるコツです。

そのコツとは、「創意工夫」です。

さっき暮石の話をしましたが、
クレーンがないから出来ないなんて言っていたら、
いつまで経っても、建つことはありません。

どうやって建てたかはわかりませんが、
何十トンもある石を実際に積み上げているわけです。

しかも、その石って、
どっか遠いところから持ってきてるんですね。

昔の人が賢かった理由は、
モノも情報も何にもかもがなかったからです。

なので自分の頭で考えるしかないし、
考えた結果、それらは知恵に昇華していきます。

よく、
「お金がないから出来ないと言っている人はお金があっても何も出来ない。」
と言いますが、

これは創意工夫の経験がないからなんです。

「リソースは常に限定的である」

ということを僕が常日頃から言っている通り、
この「お金があっても」とは、今から見た話で、
相対的にお金が単に「ある」というだけです。

最小単位で創意工夫が出来ない人は、
1億円を得たとしても創意工夫が出来ないのです。

リソースの使い方が分からないからです。

今手元にあるお金だけで自分らしい人生を生き、
それをビジネスにして、価値を高めるということは、
本当にどのサイズ感であっても同じなんですね。

「比(レシオ)」が違うだけです。

例えば、1000円の本を買って、
その本から得た知識で稼ぐことが出来ない人は、
100万円のセミナーを受けても無駄なのです。

本当に無駄。

今あるリソースだけで、
自分らしい人生を生き始めることが出来ないと、
一生掛かっても出来ません。

ビジネスを始めてある程度軌道に乗ったから脱サラをしたはしたけども、
退職後にセルフマネジメントが出来なくて困っているってことをよく聞きますが、
結局、それは勤め人時代からセルフマネジメントが出来ていなかっただけです。

単に「仕事を辞めたい」という負のエネルギーと、
取り組んだビジネスが偶然時代とマッチしただけで稼げたのであり、
その人がビジネスに長けているかというわけではないでしょう。

なので、再現性もヘッタクレもありません。

そうではなくて、勤め人の時から、
セルフマネジメントが出来るようにならないと意味がないです。

スポーツでも、
「練習でできないことは本番でも出来ない」
と言いますが、これも同じです。

もう少し、正確に言うと、
「練習の中で本番のような近似値の状態で試せているか」
が大事なんですね。

昨日に人類は皆投資家と言ったように、
何に、時間やお金や労力を投資するのかが肝なのです。

ま、当たり前ですけどね。

目に見える成果が出てから、
リソースを投下するのは後出しジャンケンです。

それは投資ではありません。

投資成績の良さは、
過去に創意工夫をした経験から導く仮説の精度に寄ります。

多くの人の人生が良くならないのは、
この仮説を立てまくって、知恵にする作業を疎かにしているからでしょう。

僕は、自分らしい人生を生きた人が次の時代の勝者だと思っていますが、
正直に言うと、勝者になるかどうかは次の時代になってからじゃないとわかりません。

でも、次の時代になってからでは遅いのです。

そのために今できることをやって、
創意工夫の経験を積み上げるわけです。

逆に見方を変えたら、
僕には実績がないということになります。

なぜなら、次の時代になってみないとわからないから。

逆に、実績がある人は、
過去の経験を今の時代の枠組みで言っているわけです。

世間的に説得力があるのは後者ですが、
勝つ人は、いつも次の時代を見据えていた者のみです。

自分らしい人生を生きていない人が多い世の中で、
しかも、ビジネスをやっている人でさえ生きれていないので、
凡人の僕らは不安に感じることがあるかもしれません。

これも昨日言ったように、
不安だからと言って他人の庭で花が咲くのを見ていたら、
初動の動き出しが遅くなり、時代に乗り遅れてしまいますし、
一回だけ種を蒔いて花が咲くのを待つだけもだめです。

種は蒔き続けないと。

今日の言葉で言えば、
自分らしい人生を体現し続けないといけないわけです。

そのために、創意工夫をし続けるってことです。

文明も一部の人がそうやってきたから発展してきたと思います。

まぁ、僕らもその一部の人になれるように、精進していきたいですね。

遅くなりましたが、今日はこんな感じで。

遅くなった理由はメルマガを書いていたら、
超ド級のクモが部屋に現れたので格闘していたからです。笑

ではでは。


初めまして、ドラゴンです。

このブログでは、

19歳でネット起業し、5000万円を稼いだけど、
お金を追い求めていたことに気付き、

今は勉強した語学や筋トレでビジネスしたり、
海外美女をナンパしたり、世界を旅したり、ビデオクリエイターをやったり、
様々な業界をコンサルしている起業家が

「自分らしい人生を生きる」

を理念として掲げながら、それを体現している様子を綴っています。

自分らしい人生を生きるには、
ネットビジネスが最適であり、それを僕が証明しています。

詳しい経歴やもっと理念を知りたい方はこちらへ。
ドラゴンの起業物語

また、最近は、
「巨大な海外メディア」を作るべく、
その仲間を募集しています。

その企画では無料で海外に滞在してもらい、
それぞれに好きなことをやってもらいます。

ただ誰でもかんでもというわけではないので、
まずは、個人で稼げるようになってもらいます。

詳細を知りたい人は下記のLINE@を追加してください。


画像をクリックすると詳細ページに飛びます。