ネットビジネスの中でのSNSの立ち位置

こんばんは、ドラゴンです。

昨日チラッと話していた試験的な動画の実験ですが、
この24時間でチャンネル登録が5からもうすぐ1000近くになりました。
(このメルマガを書き始めた時は880人です。)

1つ目の動画を公開した時はたったの5人で、
そこからもう1つ動画を公開したら24時間で一気に増えたわけです。笑

ちょっと今日は、僕が思うネットビジネスの中で、
どうSNSを使っていくのがベストかを話そうと思います。

まず、僕らが情報発信する時は、
必ずメインとなるメディアを持つべきです。

それは、
「YouTubeかブログ」
のどちらかです。

今まではブログだけでしたが、
なんか最近YouTubeもプラットフォーム化してきた印象です。

僕の中でのプラットフォームとは、
「検索エンジン化している」
というのが1つに挙げられます。

その背景にあるのは、
やはり情報が良くも悪くもその媒体において、
情報が多くなっているということです。

そう考えると、
プラットフォームに自分のコンテンツがないというのは、
ネットビジネスをやる上でかなりの機会損失になります。

なので、ブログかYouTubeは必須ですし、
YouTubeだけだと使いづらいので、
これからは両刀使いが必須かなと思います。

その上で使い分ける必要があって、
ちゃんとそれぞれの優位性を活かすことです。

ブログにしか出来ないこと、
YouTubeにしか出来ないことを考えて、
コンテンツを投下した方がいいです。

まぁ最初は、シングルソースマルチユースと言って、
どちらも同じコンテンツを投下してもいいですけど。

で、どちらもプラットフォームなので、
プラットフォームの特徴として安定性があるんですが、
その利益は上位者しか享受できません。

要は、SEOで上位表示されている人か、
チャンネル登録者の多い人が優遇されるということです。

上位になればなるほど、
利益が既得権益化していくわけです。

プラットフォームにはそういう性質があります。

でも、今そうやって胡座を掛ける人は、
それらがプラットフォーム化する前にパイオニアとして参入しているか、
もしくは上位の波に途中で食い込んだかのどちらかです。

もちろん、僕らに出来るのは「後者」です。

でも、どうやって上位に食い込むのか?

これが分からないと落とし穴にハマります。

よく最近、
YouTuberを目指すことが流行ってますよね。

一般人でも、
「YouTuberになって自由に稼ぎたい!」
って人は多いんじゃないかと思います。

一昔前のブロガーだと、
まだ一般人は食いつかなかったんですけどね。

時代の追い風ですかね。

まぁまぁ話が逸れたので、戻しましょう。

何が言いたいかと言うと、
ブログやYouTubeはこれからのネットビジネスにおいて、
必須になってくるオウンドメディアなんですが、

逆にプラットフォーム化したメディアだけで勝つことは、
めちゃめちゃ難しいし、ほとんど無理だと思います。

ビジネスとして成立させるにはプラットフォームで上位に食い込む必要はあるが、
上位の波に乗るのは、プラットフォームのメディアだけでは無理なんです。

普通に、初心者には風当たりが強いわけです。

ですので、
「今からYouTuberだけやろう!」
って言う人はほぼ無理です。

広告を掛けるとか、運良くコラボできるとか、
そう言った機会がない限り、自力では無理ですね。

後は、以前からネームバリューがあった人しか、
プラットフォーム一本で活動するのは厳しいです。

そこで出てくる解決策が、「SNS」です。

先ほど、ブログとYouTubeの両方が必須と言いましたが、
理論上ほとんどそれらだけでは上位の波に乗れないので、
その波に乗るための必須アイテムが実は「SNS」なんです。

SNSの特徴は、「拡散性が高いこと」です。

その拡散性の高いSNSで、
一気に大量にアクセスをプラットフォームに流し込み、
そのアクセスを使って一気に上位に登り詰めます。

今マーメティングを試していても、
これが王道かつこの方法しかないかと思います。

で、何でもかんでもSNSを使えばいいのかではなく、
実は各種SNSとプラットフォームには相性があります。

例えば、
Twitter(SNS)とYouTube(PF)は相性が悪いとか。

Twitterと相性が良いのは、ブログです。

で、YouTubeと相性が良いのは、TikTokです。

インスラグラムとYouTubeは、
そんなに相性が良いとは言えない気がしますね。

Facebookは割と、
どちらのプラットフォームと相性は良いかなと。

抜群ではないですが。

先ほどでも言ったように、
プラットフォームはアルゴリズム的に、
初心者が勝てないようになってます。

なぜなら、初心者がクソコンテンツを作って、
それを消費したユーザーがそのプラットフォームから離れることを、
GoogleもYouTubeも敬遠しているからです。
(どちらもGoogleですが。)

だから、初心者コンテンツは、
Googleからしたらゴーストみたいなものなんです。

無いに等しいんですね。

ユーザーが求めてるコンテンツを提供している人だけが、
Googleが気まぐれで放つ波に乗れるわけです。

一発その波に乗れるだけでかなりスピードアップします。

僕もこの1日で、
YouTubeのチャンネル登録が1000人以上増えました。

広告も使ってないし、コラボもやってません。

純粋にコンテンツを投下しただけです。

現に、このメルマガを書き始めた時は、
そのチャンネルの登録者が880人でしたが、
この数十分で1209人になりました。

でも肝心なリスト取りの導線を手抜きしたので、
そこからリストに落とし込めていません。笑

動画の終わりにしっかりとアナウンスすべきでしたね。

ミスってしまった。ww

僕は職業柄、訪れたメディアを隅々まで見ますが、
ほとんどの人はやっぱりボーッとしてんだなと思います。

しっかり導かないと。

マジで痛恨のミスで、
動画の概要欄に貼ってるだけでは、
オプトの効果が薄かったです。

まぁでも、ユーザーにとってリストになるということは、
まぁまぁな大きな壁なんで仕方ないですが、予想以上にバズったので。

やっぱり夜はコンテンツが伸びますよね。

昨日の夜と今夜でかなり伸びましたし。

この辺りの話はまたしますが、
今日は最後にビジネスの組み立て方を話します。

ここまでをまとめると、
ブログとYouTubeの両刀使いになる必要があるのと、
後は、アクセスを飛ばすSNSも必要ってことです。

さらに、各種SNSとプラットフォームには相性があるということです。

ここまでは大丈夫ですかね。

まずはプラットフォームを作ります。

で、次の日にとりあずLINE@を作ると。

作るだけなら、無料で作れるわけですから、
一応フォームとして置いておくことが出来ます。

それが出来たら、相性の良いSNSを作るだけです。

コンテンツの投下先は、
それぞれの優位性を考えるだけで良いです。

とは言っても僕にとっては当たり前ですが、
これを読んでいる人の目はどんな感じなんですかね。

ちょっと正直わからないので、
とりあえずそういった目も同時に養ってください。

媒体の性質を見極めて、
伸びている人の要因をきっちり炙り出すと。

僕が数日前に、
試験的にYouTubeを作ってみようと決めてから、
急激に伸びた人を見つけて研究しました。

研究って言っても、考えただけですけど。

それを仮設にして、
真似したら動画2本と2日間で、
1000人にまでなりました。

広告はなし、コラボなしで。

やっぱりゲーム感覚でビジネスをやるのも面白いですね。

追伸:

これを書き始めた時のチャンネル登録者数は800人で、
メルマガを書いている途中の時点で1209人、
今現在この追伸を書いている時で1342人になりました。

伸びがすごい。

追伸2:

この次の日に確認したら、
こんだけになりました。

実質2日半です。

総再生回数や視聴回数などは、
48時間後に反映されるのでまだ反映されてません。笑


初めまして、ドラゴンです。

このブログでは、

19歳でネット起業し、5000万円を稼いだけど、
お金を追い求めていたことに気付き、

今は勉強した語学や筋トレでビジネスしたり、
海外美女をナンパしたり、世界を旅したり、ビデオクリエイターをやったり、
様々な業界をコンサルしている起業家が

「自分らしい人生を生きる」

を理念として掲げながら、それを体現している様子を綴っています。

自分らしい人生を生きるには、
ネットビジネスが最適であり、それを僕が証明しています。

詳しい経歴やもっと理念を知りたい方はこちらへ。
ドラゴンの起業物語

また、最近は、
「巨大な海外メディア」を作るべく、
その仲間を募集しています。

その企画では無料で海外に滞在してもらい、
それぞれに好きなことをやってもらいます。

ただ誰でもかんでもというわけではないので、
まずは、個人で稼げるようになってもらいます。

詳細を知りたい人は下記のLINE@を追加してください。


画像をクリックすると詳細ページに飛びます。