成功する人の時間感覚

こんばんは、ドラゴンです。

今日は、
僕が大切にしている考え方をお話しします。

ビジネス的にも人生的にもうまくいってない人は、
もしかしたら、この考え方じゃないのが原因かもしれません。

ぜひ、知って採用してみて下さい。

では、いきましょう。

いきなりですが、地動説と天動説に関しては知っていますか?

軽く説明しておくと、
天動説というのは、
「地球が宇宙の中心である」
という考え方です。

ずっと、これが主流でした。

それに対し、
「そうじゃなくて、地球が動いているんだ!」
というのが地動説です。

この説の変化には、
凄い偉人たちが関わっているわけですが、
地動説を唱えたコペルニクスからすれば、

「地動説の方が辻褄が合う」

と思ったんだと僕は思います。

別に僕は正しさとかはどうでもよくて、
天動説とか地動説とかもどうでもいいです。

物事が上手く運ぶ方を採用すればいい派です。

で、この論争は、現代にもあって、
それは、「時間の流れ方」についてです。

別に論争が起きているわけじゃないですが、
「時間は未来から流れて来る」と僕は思っています。

多くの人は、逆でしょう。

「過去→現在→未来」
という認識だと思います。

この考えの根底には、時間軸の絶対視があります。

あんまり小難しく話したくはないので、
そんな難しく考える必要もありません。

さっきも言ったように、
過去から時間が流れているのか、
未来から時間が流れているのか、
正直、僕はどっちでもいいです。

でも、上手くいっている人は、
自然と未来から流れてくると認識しているんです。
(意識しているかどうかは問わず。)

一方で、上手くいってない人は、
時間の感覚が過去から流れているんです。

だから、僕は、
「時間は未来から流れてくる派」
を採用しているだけです。

では、
実際にそれはどんな感覚なのか?
という話です。

例えば、今過去に戻るなら、どうしますか?

タイムマシンで過去に戻って、
そのまま人生をやり直せるならどうしますか?

見た目も全部戻ります。

ただ、残っているのは、
「今までの記憶」です。

その記憶さえあれば、
「今からする選択がミスる」
ってわかりますよね?

逆も然り。

つまり、
今までしてきた失敗はしなくなるはずです。

もちろん、そうすると、
新しい選択が広がってくるので、
また失敗はするかもしれません。

でも、前の過去よりかは良くなっているはずです。

では、もう1つ別の例で。

さっきは、タイムマシンで戻りましたが、
次は、タイムテレビで過去の自分を操作する場合です。

タイムテレビというのは、
ドラえもんが出す道具です。

タイムテレビを見ながら、
過去の自分を観れるとしましょう。

ずーっと監視できます。

3メートル上から見ているイメージです。

もちろん、過去の自分は、
見られていることはわかっていません。

そのタイムテレビとプラスして、
過去の自分の世界のプログラムを変えれるとしましょう。

ロールプレイングゲームみたいに、
コマンドを打ち込んで行動を選択できるみたいに。

しかも、ゲームみたいに、
決められた何個かのコマンドではなく、
自分でプログラムは組めます。

そうすると、上方修正出来るはずです。

タイムテレビの中に映っている自分は、
自由意志で行動を選択しているかと思えば、

実際は、未来の自分がプラグラムで介入し、
過去から見た未来を上昇修正しているわけです。

なぜ、タイムテレビを見ている現在の自分は、
過去の自分に介入しているかというと、
現在の自分の状況をより良くするためです。

映画マトリックスの仮想空間の様に、
プログラムが書き換わっていくイメージです。

過去をいじれば、現在のプログラムが変わるからです。

そうやって、現在の自分は現在を変えるわけです。

これは、イメージしやすい様に、
あえて次元を落として話しています。

では、1つ次元を上げましょう。

最初の例で言えば、
今の僕たちは未来の記憶を持って、
タイムスリップしているんです。

後者の例で言えば、
未来の自分が今の自分を操作しているということです。

なぜ、過去の自分を操作したら、
うまくいったかというと「未来の記憶」があったからです。

つまり、情報、経験、知識、ノウハウですよね。

これは、次元を上げた現在でも同じで、
「未来の記憶」があれば、未来の書き換えが出来るんです。

「過去→現在→未来」という風に時間を流していると、
初期条件が設定され、上昇修正することは出来ません。

ビリヤードと同じです。

力の強さと打つ方向が決まれば、
打った瞬間にテーブル状の球がどうなるかが、
計算上、弾き出すことが出来ます。

そう考えている以上、
球を打った時点で、未来は確定しています。

僕はいつも、
「選択は未来の自分のマインドで決めろ」
と言っています。

これの理由は、
「未来から時間を流しているから」
です。

過去から時間を流していると、
どうもうまくいく選択肢との辻褄が合いません。

だから、上手くいかない人からすれば、
上手くいく人の選択理由がわからないんです。

これは逆も同じで、
過去から時間を流している理論の中に、
上手くいく人の選択理由を当てはめると、
どう見ても、辻褄が合わないんです。

だから、成功者はおかしいと言われるんです。

この感覚が分からなければ、
現在から過去に次元を落として考えてみください。

みんなが反対する中、
自分は未来からタイムスリップしてきているんです。

過去みんなが何を言おうが、
「このままだと、上手くいかないよ!未来から来てるもん!」
って思って、うまくいく方に舵を切るはずです。

なぜなら、上手くいかなかった未来を見ているから。

まさに現在も同じです。

未来から時間は流れてくると仮定して、
未来の記憶を持っていれば、未来のプログラムは変わります。

なんとなくわかりますかね?笑

結構、こういう描写って、
僕は映画に助けられている部分があります。

プログラムが変わる描写とか特に。

で、最初の話に戻ると、
そもそも、時間軸は絶対ではありません。

なので、正しいとかもどうでもいいです。

でも、上手くいっている人は、
自然と未来から時間を流しているんです。

僕からすれば、
「じゃあ、おれもそれを真似しよっと。」
って感じです。

シンプルにわかりやすく言えば、
「現状は、一切考慮しないということ」です。

ちょっと複雑に言えば、幾多のパラレルワールドがあって、
最上級の未来の自分が今の自分を操っていると思ったらいいかと。

最上級の自分がタイムテレビで過去(僕らで言えば現在)を見て、
「あ〜、このままじゃ俺は現実にならないな〜、ちょっとテコ入れするか。」
みたいな感じで、今の自分の選択に介入してる感覚です。

僕はこれを色んな言葉で表現しています。

でも、言っていることはみんな同じです。

引き寄せの法則もこれと同じ理論です。

ま、なんとなく伝わればいいですし、
とりあえず、現状は抜きにして考えればOKです。

今日はこんな感じで!


学1年の時に起業して、
3年間で5000万円稼ぎました。
(大学2年で中退)

そこから苦悩、挫折を経て、パソコン1台で
世界中を旅しながら自分らしく生きる物語を綴っています。

僕は理念として
「自分らしい人生を生きる」
を掲げて情報発信をしています。

無料メルマガでは、
ビジネスセンスが鋭くなる最先端のマーケティングが学べたり、
今までの失敗や成功の物語が知れるので、
興味がある方はぜひ参加してみてください。

また、参加者限定で電子書籍もプレゼントしていて、
そこにはこれから起こるネットビジネスの変化を語っています。

本物のネットビジネスを知らないと不労所得にならないので、
自分らしい人生を生きることができません。
無料メルマガ&無料電子書籍の詳細はこちら

詳しい経歴や理念などを知りたい方はこちらへ。
ドラゴンの起業物語

画像クリックで詳細ページに飛びます。

画像をクリックすると詳細ページに飛びます。