1日4リスト(日給2万円)を無料で集めるSNS戦略

こんばんは、ドラゴンです。

今日はSNS集客のお話です。

アウトプットメインでやりたいので、
もう少しライトなメルマガを心掛けます。

SNS集客の話の前に、
ちょっとブログやYouTubeの使い方から。

今僕はこうやって毎日文章を書いていますが、
本来プラットフォームは「コスパ」重視です。

量か質かで言えば、質です。

ある一定の質を担保しながら、
そのラインを超えない限り世に出さないようにします。

ある企業のウェブマーケ担当の人が言ってたんですが、
どこまでの規模のメディアになってもニーズは読者だと。

読者に聞いて、価値のあるコンテンツであれば、
自然と集客できるようになるので、質は一定ラインを保つと。

YouTubeも同じです。

YouTubeで圧倒的に突き抜けている人は、
量を重視せずに、質の高い動画しか納品してません。

どっからかアクセスを飛ばしているのか、
昔の動画は非公開にしたり、消したりしているのか、
これは結果論なので、正直プロセスは分かりません。

ただ、これから始める人は、
必ず「質」重視をした方がいいです。

魑魅魍魎としているコンテンツの世界では、
コンテンツの価値が全てとも言ってもいいです。

だからこそ、コンテンツのパワーに頼るわけです。

そこまでにアクセスを流すテクニックは補助なだけです。

今有名なブロガーやYouTuberって、
外注してなさそうな人が多いような気もしますが、
外注している人は普通に多いです。

スクリプトだけ書いて代わりに投稿してもらうとか、
そんな感じで、分業制が多いですね。

でも、量を書かないと質を高められないのは確かです。

じゃあどうすればいいか?

これはSNS集客の話とも繋がってくるんですが、
コンテンツを投下する媒体を分けるということです。

SNSは量が大事なので、
SNS的なブログに日刊を投稿します。

ブログで言えば、
はてなブログとか、アメブロとか。

YouTubeだとサブチャンから作るとか。

もしくは、TikTokに投稿するとか。

よくYouTuberがサブチャンを作ってますが、
正直、あのサブチャンの意味がわからないんですよね。

あれをするくらいだったら、UPしない方がマシです。

それが考えられていないせいで、
各媒体のフォロワーが想像以上に少ないわけです。

これはそれぞれの媒体における優位性と、
コンテンツの投下場所を分けれていないせいです。

ここから分かる通り、
まずSNSにはSNSにしかないコンテンツを投下すること。

プラットフォームとは分けます。

ただ、SNSは一般人も発信しているので、
よくよくコンテンツの差別化を図る必要があります。

例えば、僕は最初、インスタ上では、
英語をテキストベースで発信していたんですが、
ふと見渡すとライバルがいっぱいでした。

それに、思っているより時間がかかったわけです。

だいたい1投稿をするのに30分程度が必要でした。

量が正義であるSNSにおいては、
1投稿30分以上は時間を掛け過ぎです。

それで動画ベースにして、
それと同時に差別化も図りました。

動画の方がすぐに作れるし、
案外、動画でやっている人は少ないです。

これだけで1日4リスト程度。

リスト単価が5000円なので、
1日2万円程度の換算です。

ここから以前話していた広告の効果も出るので、
割とブーストできるんじゃないかと思っています。

もちろんちゃんとリスト化のコツもありますけどね。

僕が以前集客で大事なことは、
「ステップ」だと言ってました。

流れるようなステップを作れるかが、
SNSで集客できるかに関わってきます。

いくらフォロワーが多くても、
この概念が分かっていないと効果的にリストに落とせません。

ステップってなんだと思いますか?

もちろん、僕のインスタを見たら分かりますが、
ではツイッターはどうしたらいいのか?TikTokは?

フェイスブックに関しては使ってないですが、
やりたい人がいるなら、別に指南は出来ます。

本質は同じですからね。

これからはライトにいきたいので、
ぜひステップが何かを考えてみてください。

このメールに送ってください。

考えないと一生集客できないというか、
出来るような自分になることが出来ません。

今日はそんな感じで。

ではでは。


初めまして、ドラゴンです。

このブログでは、

19歳でネット起業し、5000万円を稼いだけど、
お金を追い求めていたことに気付き、

今は勉強した語学や筋トレでビジネスしたり、
海外美女をナンパしたり、世界を旅したり、ビデオクリエイターをやったり、
様々な業界をコンサルしている起業家が

「自分らしい人生を生きる」

を理念として掲げながら、それを体現している様子を綴っています。

自分らしい人生を生きるには、
ネットビジネスが最適であり、それを僕が証明しています。

詳しい経歴やもっと理念を知りたい方はこちらへ。
ドラゴンの起業物語

また、最近は、
「巨大な海外メディア」を作るべく、
その仲間を募集しています。

その企画では無料で海外に滞在してもらい、
それぞれに好きなことをやってもらいます。

ただ誰でもかんでもというわけではないので、
まずは、個人で稼げるようになってもらいます。

詳細を知りたい人は下記のLINE@を追加してください。


画像をクリックすると詳細ページに飛びます。