なぜYouTuberの販売力は低いのか?

こんばんは、ドラゴンです。

昨日最後に公開した、

「集客について僕が思うこと話しまっせ~」

っていう限定メルマガが思いの他、
多くの方が参加して下さいました。

集まろうが集まらまいが正直どっちでもよくて、
「まぁ聞きたい人が1人でもいればいいや!!」
くらいだったので、ちょっとびっくりしました。

なんだかんだ、
よく聞かれる質問の多くが集客だったりするので、
当然と言えば、当然なんですけどね。

今回も最後に、そのフォームを貼っておきます。

後、本題に入る前にもう1つ。

一昨日にチラッと話した、
個別相談会なんですが1日早いですが、締め切ります。

こちらの人数は予想通りで自分の中での定員に達したのと、
上記の限定メルマガもあって忙しいので悪しからず。

他にも英会話レッスンと称した、
何人かのネイティブの女の子との他愛ない電話も毎日してたり、
もちろん、英語の勉強したりで割と忙しかったりします。

さて、本題に入りましょう。

今日は、
「なぜYouTuberの販売力は低いのか?」
という話です。

販売力と言うと、
何かを売るのかって思いますが、
要は、「オファー」です。

企画に参加してもらったり、
いいねやチャンネル登録をしてもらったり、
他のSNSをフォローしてもらったりとか、
そんなことを諸々、オファーと言います。

で、昨日色々調べてみたんですが、
有名YouTuberのインスタグラムを見てみると、
正直そんなフォローはいないんですね。

だいたいチャンネル登録数の1~2割程度。

これくらいしか、他のSNSには流れていません。

SNSですらアクセスを流せてないので、
企業案件やイベントとかも正直そんなでしょう。

登録者数が何万人いても、
イベントに数十人とかざらだと思います。

他にも、
YouTuberの垢がバンされてしまったとか、
広告が付かなかったみたいになった時に、
みんなアカウントを新しく作るわけですが、
この時も純粋な登録者しか移行しません。

1割以下しか移動しない場合もざらです。

それとは対照的に、1万人程度のYouTuberでも、
自前のサロンの会員数が1000人いるって人もいます。

この違いはなんですかね。

前者タイプのYoutuberで、
チャンネル登録が10万人いたとしても、
月収は50万円から100万円です。

でも、後者タイプだと、
登録者が1万人でも広告収入だけで月10万円なのと、
サロンの会費が3000円なら計月310万円です。

ビジネスの質と言い、
収入と言い、これだけの差が生まれます。

このように集客と一口に言っても、
単に人を集めるってわけではないんですね。

アクセスさえあればなんとかなると言いましたが、
これはどんな人でも集めたらいいと言うわけではありません。

例えば、僕が彼女が欲しいと思ったとしましょう。

でも、男100人集めたとしても意味ありますかね?

ないですよね。

なので、
「適切な人を集める必要がある」
ということです。

それと同時しないといけないのが、
「アクセスの純化」
です。

なんかこれは浄水場みたいなイメージです。

水を綺麗にしていく感じですね。

わかりやすく言えば、
「アクセスを集めるんだけど、同時にアクセスを減らす」
という一見矛盾するようなことをします。

この作業をするかしないかで、
圧倒的にビジネスの質が変わってくるんですね。

コミュニティの純度が悪いとデメリットしかありません。

配信コストが多くなるし、
悪い評判だけすぐに広まるし。

ほとんどのトップYouTuberには、
この「純化」という仕組みが抜け落ちています。

そりゃそうですよね。

チャンネル登録者数を増やす方向にしか考えてないですから。

確かに超最初は有効です。

フォローがいるのといないのとでは、
中期の拡散力が変わってきて、ビジネスの速度も変わるからです。

例えば、インスラグラムではフォロワーが1万人いれば、
ストーリーズで直接リンクを貼って他サイトに飛ばすことができます。

他にも、アルゴリズム的に、
多少のフォロワーがいた方がいい時期があります。

たとえ、薄いフォロワーであっても。

でも、アルゴリズムが関係なくなる域に到達して時に、
チャンネル登録は多いけど、販売力は低いし、人は集まらんし、
無駄に悪口を叩かれたり、目撃情報があったりとか嫌ですよね。

マジでいいことないです。

僕の場合、落ち着いてナンパしてられません。

これからは、対マスではなく、
コミュニティベースのビジネスになります。

いかに濃い人を集められるか?

もっと厳密に言えば、
いかに人を濃くしていけるか?なんですね。

僕はそのおかげで、
セミナーをやってきたし、懇親会もやってきたし、
ちゃんと普通にやってこれました。

セミナー人数が100人でも、
懇親会費が3万円でも来てくれるんです。

だから、これからの時代において、
集客ということを語る場合は、こういった文脈で語る必要があります。

単に、アクセスが集まるサイトを作るとかでも意味がありません。

そう考えると、
自分が広告を出す時にどこに出せばいいのか?
ってことが分かるようになります。

どこに出せばいいのか?
そして、何を広告すればいいのか?

そんな深い目を養わないと、
自分らしい人生を生きることは出来ないんです。

特に最初が肝心です。

最初に人が集まるかどうかで、
自分のモチベ的にも色々変わってきますし、
結果それが自分の成長にも影響します。

自分の成長が一番楽しいのはそうなんですが、
やっぱりできる限り多くの人に頼りにされたいし、
人の役にも立ちたいって思うのが人間です。

で、YouTuberの販売力が低い原因ですが、
ザッと考えただけでも下記の要因が考えられます。

1ブランド(Youtuberという肩書き)

2グラデーションマーケティング

3YouTuber(プラットフォーム)の使い方と優位性

4各種SNSの使い方と優位性

5SNS・PF・LISTの正しい増やし方

本当にケースバイケースなんで、
一概になんとも言えないんですが、
本質さえ理解してたらいいかなと。

そんな話を限定の下記メルマガで話そうと思ってます。
https://dragon001.jp/p/r/T3vhQeM


初めまして、ドラゴンです。

このブログでは、

19歳でネット起業し、5000万円を稼いだけど、
お金を追い求めていたことに気付き、

今は勉強した語学や筋トレでビジネスしたり、
海外美女をナンパしたり、世界を旅したり、ビデオクリエイターをやったり、
様々な業界をコンサルしている起業家が

「自分らしい人生を生きる」

を理念として掲げながら、それを体現している様子を綴っています。

自分らしい人生を生きるには、
ネットビジネスが最適であり、それを僕が証明しています。

詳しい経歴やもっと理念を知りたい方はこちらへ。
ドラゴンの起業物語

また、最近は、
「巨大な海外メディア」を作るべく、
その仲間を募集しています。

その企画では無料で海外に滞在してもらい、
それぞれに好きなことをやってもらいます。

ただ誰でもかんでもというわけではないので、
まずは、個人で稼げるようになってもらいます。

詳細を知りたい人は下記のLINE@を追加してください。


画像をクリックすると詳細ページに飛びます。